和婚×洋婚「スタイルで選ぶ」

”和婚スタイル”スタイルから選ぶ結婚式

和婚スタイルは、神社やホテルの神殿で新郎新婦が和装で挙式を執り行うスタイルです。
和装で人前式で行う場合も和婚スタイルですが、ここでは神前式のご説明を致します。
神前式は明治時代の初めころから行われている日本の伝統的挙式スタイルで、新郎新婦と家族・親族が神職に導かれて結婚の報告を神様に行います。
神前式挙式の中で特徴的なのは、「三献の儀」と呼ばれる三三九度の杯と玉串奉奠という伝統的な儀式です。この洋婚にない儀式が、日本古来の厳かな雰囲気を演出します。

===

【神前式の流れの例】
神主が中心となって進めます。

 

1.参殿・・・入場
2.修祓の儀・・・神主が祓詞を奏上し、おはらいをします。
3.祝詞奏上
4.三献の儀 ・・・三三九度の杯
5.誓詞奏上・・・新郎が結婚の誓詞を読み上げます。
6.指輪交換
7.玉串奉奠・・・新郎新婦が玉串を奉奠して二拝二拍手一拝します。
8.親族杯の儀・・・親族固めの杯
9.神主あいさつ
10.退場

===

新郎新婦の服装は、新郎は、通常、黒い羽織に灰色縞の袴という紋付袴で、新婦は白無垢に白い綿帽子、あるいは色打掛けに角隠しという伝統的な和服を着用します。最近ではこの和装にあこがれて、和婚スタイルを選ぶ女性が増えてきています。
また、披露宴も純和風旅館や料亭、ホテルの和風広間等で行い、全体的に落ち着いた日本の結婚式を実践するケースも多いです。新郎新婦の両親や祖父母の世代には和風の落ち着いた雰囲気が好まれ、記憶に残る披露宴となるようです。
披露宴の料理も、食材の縁起にこだわった日本の会席料理を選択することで、一貫した和婚を完成させることができます。
以上の要素をすべて取り入れなくても、和婚の良いところをチョイスして、心に残る結婚式を実行できる場所が東京都内に多数存在します。

おすすめ記事ピックアップ!